タカニキの金持ち戦略日誌

資産を増やすための戦略を掲載していくブログ 短期投資(仕手株, 優待, アノマリー)、長期投資(外国株式, 投資信託, ロボアドバイザー)、クレジットカードや保険についても

▋    積み立ての設定日どうもタカニキです。長期投資をしてる人は積み立て日を設定して、毎月引き落とされるようにしてる人も多いと思います。でも積み立て日ってどの日を設定するのかついつい適当になっちゃいますよね。給料日翌日?月の始まり?月の終わり?データ信 ...

▋    積み立ての設定日どうもタカニキです。長期投資をしてる人は積み立て日を設定して、毎月引き落とされるようにしてる人も多いと思います。でも積み立て日ってどの日を設定するのかついつい適当になっちゃいますよね。給料日翌日?月の始まり?月の終わり?データ信 ...

日本のETFどうもタカニキです。ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。連動する指数は株式だけでなく、債券、REIT(リート)、通貨、コモディティ(商品)の指数もあります。投資先も日本から海外に広がり、投資しにくい国と地域と資産 ...

▋     10月暴落、保有仕手株の値動き2018年10月暴落時の仕手株の値動きについてpart2です。part1では「チャート分析から底値圏と判断していた仕手株達」の動向を確認しました。結果としては底値圏と判断していた銘柄でさえ暴落時には市場平均と同レベルで株価は下落し ...

▋     今週(11/5~11/9)の売買【仕手株狙い、イベント投資】新規購入なし売却2769.ヴィレッジヴァンガード +6.0%4834.キャリアバンク +5.4%売却について今週はヴィレッジヴァンガードとキャリアバンクを売却しました。それぞれ+5~+6%の利益です。この2銘柄は11月の ...

投資信託を購入している顧客の4割は運用成績がマイナスどうもタカニキです。金融庁は将来の資産形成に向けて一般世帯に投資を定着させようとしており、金融事業者の取組みの「見える化」を促進する観点から、「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」として3つの指 ...

米国配当再投資戦略って本当に儲かるの?どうもタカニキです。米国株ブロガー界隈では超大型優良連続増配高配当株を中心にシーゲル流配当再投資戦略で長期積み立て投資を実践している方が非常に多いです。配当再投資戦略ではない方は、基本的にS&P500やダウといった指数連動 ...

多くの投資家にとって2018年10月は試練の月となりました。日経平均は10月1日からマイナス9%の下落 、マザーズ指数にいたってはマイナス16%の下落を記録しました。今回はその試練の10月の中で低位仕手株がどう動いたかを記事にしたいと思います。10月暴落は今後の糧としたい ...

▋     指数の構成どうもタカニキです。指数に連動するETFなどに投資を行った場合、結果的に多くの銘柄を時価総額で重み付けした形で保有することになります。例えばS&P500に連動するETFを購入した場合、組み入れ上位15銘柄は下記のようなものになります。引用元;https: ...

▋     Amazonという超優良企業どうもタカニキです。Amazonは今やどんな人でも使っているネットショッピングサイト「Amazon」を運営するアメリカの企業です。その勢いは凄まじく、近年ではアメリカの高級スーパー・ホールフーズを買収するなどネットの中だけにとどまらず ...

● 投信の信託報酬の差は意外と大きいどうもタカニキです。投信について調べたら必ず出てくるのが「信託報酬がやすいものを選べ」という言葉です。最近では次々に信託報酬の安い良質な投信が増えてきており、選択肢が広がっています。では一体信託報酬の差は長期投資において ...

▋     日本版配当再投資戦略これまで日本版配当再投資戦略がどのくらいうまくいくのか?を、日本を代表する高配当銘柄数社を取り扱い検証してきました。✔︎日本版配当再投資検証記事日本版配当再投資戦略はありか? | 日本たばこ産業JTで考える日本株の配当再投資利回 ...

▋     仕手筋のリスクどうもタカニキです。仕手株に投資をしていると気になるのは仕手筋はどのくらい儲かっているのかということです。実際に仕手筋とお友達ではないので本当の金額を知る由はないのですが、インサイダーや相場操縦によって捕まった際の課徴金を見て儲 ...

▋     ランダムウォーク理論を利用した投資法とはどうもタカニキです。株取引におけるランダムウォーク理論についてツラツラと2記事ほど書いてきました。もしランダムウォーク理論について知らないのであれば本記事を読む前に下記の2記事を読んでいただけたらと思い ...

▋     ランダムウォーク理論への疑問どうもタカニキです。先日、株取引における雑学 | ランダムウォーク理論の誤解①という事で、株価がどのように変化するかという事に関する理論のひとつランダムウォーク理論というものを記事にしました。株価が上がるか下がるかは50 ...

↑このページのトップヘ