タカニキの金持ち戦略日誌

資産を増やすための戦略を掲載していくブログ 短期投資(仕手株, 優待, アノマリー)、長期投資(外国株式, 投資信託, ロボアドバイザー)、クレジットカードや保険についても

▋ 今週(1/26~2/1の売買と保有株)購入なし売却6181.パートナーエージェント今週は1銘柄を売却しました。購入は0銘柄です。パートナーエージェントは+10%程度で利益確定です。今年は握力強めにいくと決意していましたが決算直前で売却しました。低位仕手株の決算またぎは ...

今回、私タカニキが厳選する優良アカウントを紹介したいと思います。株式投資における情報収集ツールとしてTwitterは非常に汎用的で有用なツールになってきています。しかしながら、Twitter上では小規模な仕手集団まがいのアカウント群が特定の銘柄を煽ることで値幅を取ろう ...

アップルに関しては最近お決まりのパターンで決算のたびに業績の行き詰まり感を指摘されるわけです。オワコン、オワコンと。しかし、現実を冷静に見ればAppleに対して投資家が過度に悲観的になる必要はありません。むしろこの悲観的なムードが長期投資家に多くの利益をもたら ...

私は高騰前の仕手株を先回り保有し高騰を待ち伏せする手法を得意としています。この手法は高騰が起きれば株価が数倍になることもあり大きな利益が出せる手法です。しかし当然リスクもあります。その最大のリスクは倒産や上場廃止です。仕手筋に目を付けられる銘柄は必然的に ...

日本で最も連続で増配を実施している企業『花王』。今回は、花王の配当再投資の利回りを計算してみました。28年連続増配中の花王は日本のトイレタリー業界首位の企業です。配当利回りは決して高いと言えませんが、28年連続増配はダントツの日本1位であり、自社株買いなどの株 ...

インデックスファンドは株、債権など色々ありますが結局のところ同じベンチマークを採用していたら安いものを選んでおくのが一番ではないでしょうか。もちろん実質コストでの比較が一番ですね。ついで純資産総額など見るべきポイントは色々あると思いますが、今回は株式のイ ...

昨年末の暴落から継続して下落していた低位株たちが軒並み上昇基調にあります。次に挙げる低位株を見てください。みんな同じチャート形状していませんか?笑仕手株と言えどその爆発力は地合いに左右される傾向にあります。ここ最近は地合いが安定しており、ここしかないとば ...

▋ 今週(1/14~1/25の売買と保有株)購入4752.昭和システム7623.サンオータス売却なし今週は2銘柄を購入しました。売却は0銘柄です。2銘柄とも仕手株待ち伏せ枠での購入です。先週の投資成績記事でも書きましたが、今年は握力強めにいきたいと思います。初動で早売りしてし ...

リーマンショックに続く金融危機の新たな引き金として債券市場の抱えるリスクが指摘されています。債券投資におけるリスクとは、信用リスクと金利リスクです。信用リスクとはデフォルト(債務不履行)率のことで、ようはお金を返せないのでその債券はただの紙切れになりまし ...

文部科学省の調査によると「親の年収が低くても学力の高い子は、家庭で読書をしていること」が特徴だとしています。この話はテレビなどでもよく聞く話ですし、昔から一度は耳にしたことがある内容ではないでしょうか。果たしてこの話は正しいのでしょうか?中室牧子氏の著書 ...

かの天才・アインシュタインが『人類最大の発明』と称したのが『複利』です。『複利』とは「元本に加え、利子に対しても利子を計算する」という考え方のことで、それの対照となる言葉に単利があります。こちらは「元本に対してのみ利子を計算する」という考え方になります。 ...

インドネシアの株式が好調です。アメリカの利上げが一段落するとの報道から新興国に再び資金が巡って来ているようです。買ってすぐの段階では手数料地獄によってマイナス10%の負債を背負ってからのスタートとなるインドネシア株ですが、今後の成長が楽しみになってきました。 ...

代表的なアセットクラスとして株式・債券・不動産・コモディティ・キャッシュがあります。これらのアセットを自分のリスク許容度に合わせて組み上げるのが投資の基本となります。リーマンショックの裏舞台を描いた映画『マネーショート』。格付けの低いゴミ債券が、格付けの ...

銀行に行くと目につくのは数々の金融商品のパンフレット。大抵の場合、その内容は手数料ばかり高くてリターンも大したことない買う価値のないものです。今の時代でこそ金融商品の多くはネットで購入できる時代ですので、銀行などの口車に乗ってしまい、こういった商品を購入 ...

▋ 今週(1/15~1/18の売買と保有株)購入3624.アクセルマーク4777.ガーラ6347.プラコー売却なし今週は3銘柄を購入しました。売却は0銘柄です。3銘柄とも仕手株待ち伏せ枠での購入です。ここ2週間で高騰した銘柄を見ると低時価総額の往年の仕手株達に仕掛けが起きている印象 ...

↑このページのトップヘ