今回は私の主力である低位仕手株に潜伏(待ち伏せ)する手法の紹介です。
まずこの手法の内容、良い点、悪い点をまとめます。

どんな手法か
初動前の低位仕手株を保有しひたすら待つ

この手法の良い点
①マクロ指標への連動性が小さいため暴落時においても大きな損失が生まれない
②高騰が始まると数日で大きな利益を得ることができる

の手法の悪い
①相場が上昇トレンドの際に一人おいてけぼりをくらう
②待ちの時間が長い
③分散保有(10銘柄~)で再現性が高まるため資金が少し必要(100万円は欲しい)

当然デメリットも存在しますが、ローリスクな手堅い手法です。

「仕手株で大きな損失を被らずに短期高騰の恩恵だけ享受したい」
そんなことを思う我がまま投機家の方々にお勧めの手法です。

では上記の良い点と悪い点が分かる具体例を出していきます。

私はこの1月末に初動前の仕手株と思われる9銘柄を購入しました。

その後の仕手株候補9銘柄の合計評価額と、マクロ指数の評価額を比較してみます。

<スポンサードリンク>

計算条
上記
9銘柄を10万円ずつ保有と仮定(計90万円
〇マザーズ指数と連動する2042.マザーズETNを90万円分保有と仮定
〇どちらも1月4日の引けで購入し3月30日まで保有した場合の評価額推移を比

ずは1月4日から2月23日までの推移を見てみます。

1
マザーズ指数は1月末まで好調でしたが2月初めに10%以上の暴落を起こしました

結果として最初の90万円が±10%に上下するボラティリティの大きい期間となりました。

一方、タカニキ選出9銘柄で構成されたポートフォリオの評価額は振れ幅が小さく、暴落時においても最初の90万円を下回っていないことが分かります。

実際はすべての銘柄を均等に買うことはできませんのでこの通りの動きにはなりませんでしたが、暴落時にもおよそ3%のマイナスにとどまった記憶があります。

この結果は先述の

い点 ①マクロ指標への連動性が小さいため暴落時においても大きな損失が生まれない
い点 ①相場が上昇トレンドの際に一人おいてけぼりをくらう

が分かりやすく出ていると思います

に2月26日から3月30日の期間までの推移を見てみます。

マザーズ指数は低調な時期が続きましたがタカニキ選出9銘柄はシーズメンと日本フォームが連続ストップ高となり資産評価額は一気に上昇する形となりました

3
月30日まで全銘柄を保有する仮定で計算していますが実際はストップ高が続いた銘柄は利確しますので上記の計算よりも資産は増えます

悪い点 ②待ちの時間が長い」
と記載したように、いつストップ高が来るかは分かりません
3月に2銘柄が高騰したのも運が良かっただけです

しかし、いつか高騰する可能性は高く、また高騰が起きるその日まで資産評価額は安定した状態で待ち続けられる可能性も高いです。

これはみんなが夢見るローリスクハイリターンに近いひとつの形ではないでしょうか。

この手法をポートフォリオに組み込めば、ジャンピングキャッチで莫大な含み損を抱えて震えたり、朝起きてNYダウや先物が暴落しているのを確認してSNSで「おはぎゃー!」とか書き込む機会は減るかもしれません。

☟「低位仕手株待ち伏せ手法」関連記事☟
仕手株で勝つための心構え!
仕手株で勝つ方法!
ボロ株で悪地合いでも勝つ方法!

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 仕手株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
<スポンサードリンク>