みなさんは保険に入っていますか?死亡保険や医療保険など一口にに保険といっても色々な種類がありますが、だいたいどなたも何らかの保険に入っているのではないでしょうか。

 生命保険加入率

30代以上の日本人の8割が生命保険に加入しているようです。しかし、万一に備えて加入する保険も、実は加入しなくても十分なパターンが結構あります。 

スポンサードリンク

保険の基礎

保険の基礎、それはそもそも保険は何のために入るかという大前提です。

それはずばり、事故や病気などによって支払い能力を大きく超過しお金が必要となる状況です。保険は万一に備えるためのもので、儲けるために入るものではありません。保険を貯蓄や投資目的で利用するのは基本的にお勧めできないということです。

上記のような保険本来の役割が必要となる状況とは基本的に稼ぎの主体となる人が死亡することで生活の質が著しく低下するもしくは生活そのものが立ち行かなくなる場面だけだと考えます。つまり死亡保険だけが実質的に保険の役割を明確に果たしていると思われます。

医療保険などは基本的に不要というのが私のスタンスです。実は多くの場合、現在の収入からの貯蓄でカバーできることがほとんどだからです。なので入る前に国民健康保険の制度やサラリーマンの方で企業の保険組合に加入している方は制度を一度確認してみましょう。

投資の観点から見た保険

学資保険など貯蓄性を持った保険を長期投資と見立て投資の観点から考えてみましょう。

たとえば500万の保険を貯蓄性のある保険に入る場合、30年間払い込みの総額は400万円程度、支払い月額金額はだいたい10,000円程度、これは掛け捨て死亡保険の金額の10倍です。保険本来の万が一の備えという役割に対しては超絶割高ですので死んだら負けなのがわかります。

しかし、これは掛け捨てではないので30年後に自分の支払い金額に少し色を付けた形で返ってくることも考えなければなりません。

30年後の返戻率は102%です。50年後に返戻しても120%です。

えっ?てなりませんか。

だって50年預けて20%しか色付けてくれないんですよ。いくら元本保証だとしてもあんまりだと思いませんか?しかも、30年未満で解約した場合80%未満の額しか返ってきません。

元本保証ですが、これは30年間お金を凍結するのとほぼ同じです。インフレに超絶弱い上に自由度も皆無なのが痛すぎますね。これだったら普通に貯金したほうがいいでないでしょうか。

これを例えば掛け捨てタイプにして、浮いた9000円を自分で積み立て運用した場合、30年間年率4%運用で30年後に180%程度になります。4%ってそんなに難しいことではありません。投資信託できちっと商品選択できれば十分可能なレベルです。株式中心のバランス型投資信託(楽天・インデックス・バランス・ファンドなど)で十分出せる値です。

やはり保険本来の役割をきちっと考え直し、国民健康保険など自分の使える制度をしっかり確認してから保険には入りましょう。貯蓄なら銀行に預金のほうが柔軟性も考えれば全然いいですし、給料天引きでないと貯められない人は財形貯蓄のほうをお勧めします。

元本保証という点をうまく取り入れて資産ポートフォリオの一部に入れるのはありかもしれませんが、自分がどういう商品か理解したうえで選択するのが間違いないと思います。