仮想通貨

 

どうもタカニキです。

 

2017年年末、仮想通貨が世間を大いに賑わせてくれました。

 

株とは違い、短期で30倍などを平然と達成する仮想通貨はその話題性と投機性で多くの一般人を巻き込み一世を風靡した印象です。

 

何しろ普段投資に一切興味のない人も仮想通貨ってどうやって買うの?とか聞いたり仮想通貨買ってやったわと絶望的な高値つかみをしたりしてましたからね 笑

 

ビットコインやリップルなどメジャーな仮想通貨から、はっきりいって何の用途に使うかもわからない謎コイン通称草コインが多く乱立し、まさにどの通貨が覇権を握るのかその様相はまさに戦国時代。

 

私も例にもれずちゃっかり2017年夏仮想通貨デビューを果たしました。(ちゃんと儲かってから身を引きました。)

 

先ほど、話した草コインは時価総額が異常に低く、また市場の法整備が整っていないことも相まって、株式でいう仕手株のような人為的な価格操作が行われており、投機目的でニッチな人気を誇っていました。

<スポンサードリンク>

草コインの可能性

 

草コインの人為的な価格高騰はmoonと呼ばれています。法的にインサイダーとかがないため、世界的に公然と価格操作の話題が交わさており、一時期はSNS上で予告moonが実施されていたほどです。

 

草コイン投資が儲かるかどうかについてですが、結論から言うと“かなり儲かる可能性があった”という過去形での話となります。

 

というのもこの草コイン、株と違い平然と100倍、1000倍を演じます。

 

10倍をつかむのも難しい株式投資の世界でこの数字はかなり魅力的ですよね?

 

2017年の冬くらいまでは、謎の草コインに縦断爆撃的に20個ほど投資し、放置していれば100倍に出会うみたいな投資法が普通に使えました。


例えば私が適当に購入していた草コインのひとつ、xstcが今年の1月に大暴騰を起こしました。この際私は買値の100倍の価格での売却に成功しました。
xstc
0.0001ドル以下の価値だった草コインが数日後には0.027ドルの価値をつけました。300倍近くの暴騰です。こんなこと、株式市場では有りえませんよね。まさにバブルです。

しかし、2018年のコインチェック事件以降、この手の方法での投資はかなりリスクが高まっていますのでやめておいた方がいいでしょう。

 

理由としては、

  日本での法整備がすすみ、怪しい草コインの取引できる取引所が使いにくくなっていること

  詐欺が増えてきていること

  国内における取引所・販売所のクオリティの異常な低さ

が挙げられます。

 

仮想通貨はある日突然価値が0円になることがあります。ここが株式と大きく違うところです。実際に私もその憂き目にあったことがあります。

また、法整備がすすみ海外取引所が日本から撤退するようなことが起きています。国内の取引所ではそもそも草コインを売買できるところが少ないです。

 

めずらしくそのようなコインを取り引きできたZaifなどの取引所もありますが、はっきりってまじで顧客をなめたクソ対応。何かあった時に全く対応を期待できないのでやめておいた方が吉です。

 

しかし、宝くじよりも儲かる可能性ははるかに高いので、毎年宝くじに10万円なんか投資する夢見がちな人は、宝くじに投資するお金5年間分くらいを草コインに投資しておいた方がいいと思います、マジで。

 

1つの投資法としてしっかり調べておけば、おすすめはできませんが、ありな方法の一つではあると思います。もし取引するならCoinEXchangeが銘柄も多くていいでしょう。

登録方法などはググればいくらでも出てくるのでそちらでお願いします。

 

今後果たして仮想通貨がふたたび盛り上がることがあるのか。非常に今後が楽しみですね。

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 仕手株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
<スポンサードリンク>