株主優待銘柄空売り手法とは

先日ノーリスクハイリターンの投資手法としてIPO(新規公開株)について解説しました。IPOは抽選に当選しさえすれば高勝率、高利益を上げることのできる投資手法であることを述べました。
(IPO記事リンク☞『夢のノーリスクハイリターン投資法を探せ!IPO編』

今回紹介する株主優待銘柄空売り手法銘柄選定抽選の当選により高い確率で利益を上げることのできる手法です。

株主優待銘柄は銘柄毎に設定された優待権利日を株式保有状態で持ち越すと株主優待を貰える権利を得ることが出来ます。

この際、優待権利日の翌日(権利落ち日)は優待と配当金を貰った人の株式売却があるため株価は下落します。その下落率は概ね株主優待+配当金の利回り分です。

そのため権利日に空売りを行い、権利落ち日に買い戻せば必ず儲かるように思えます。

しかし、この発想を邪魔する仕組みが2つあります。それは
①逆日歩の発生
②配当落調整金の発生

です。

この2つの徴収金が大きくなってしまうと、せっかく空売りで株価下落分の利益をだせてもトータルではマイナスとなってしまいます。

つまり、株主優待銘柄空売り手法を必勝法とするためには逆日歩と配当落調整金の2つの徴収金をいかに小さくできるかが肝となります。

3

<スポンサードリンク>


    逆日歩回避方法

逆日歩とは、空売りが多く行われた際に発生する手数料です。株主優待の権利日の時は優待タダ取りを狙ったクロス取引が行われるため、個人投資家による空売りが殺到します。そのためこの逆日歩がとんでもない金額になることがよくあります。

高額逆日歩の例☞『湖池屋の悲劇、千円相当の優待が3万2千円の超高級ポテチに豹変』

逆日歩は証券金融会社から株を借りて空売り(制度信用売り)する際に発生します。
一方で証券会社から株を借りて空売り(一般信用売り)する場合は逆日歩が発生しません。

詳細を知っておく必要はなく、制度信用売りは逆日歩がある。一般信用売りは逆日歩がない。ということだけ覚えておけばいいです。

つまり、一般信用売りを行えば逆日歩の恐怖に怯えず、株主優待銘柄の空売りが行えるのですが、証券会社が所有している株式の在庫は限りがあります。そのため一般信用売りをゲットするために冒頭で述べた証券会社毎の抽選に参加することになります。

4

IPOの記事ではIPOの当選確率は非常に低いと述べましたが、一般信用売りの当選確率はIPOと比べると遥かに高いです。私も実際に何度も一般信用売りで株主優待銘柄の空売りを行い、利益を得ています。

一般信用売りの在庫、空売り可能銘柄数等は証券会社により異なります。

こちらのサイトが詳しくまとめていますのでご参考にどうぞ
『一般信用売りなら低リスクで株主優待をゲット可能!』

私は一般信用売り可能銘柄が多いカブドットコム証券、楽天証券、SBI証券を開いています。

    配当落調整金回避方法

空売りで配当権利日を持ち越した場合、配当金相当分を支払わなければなりません。これを配当落調整金と呼びます。

この配当落調整金を回避する方法は単純です。優待利回りに対して配当利回りが小さい銘柄を選ぶだけです。
配当落調整金は配当金がある銘柄を空売りした場合必ず発生しますので、この徴収金を抑制するためには配当金が無いもしくは少ない銘柄を選ぶしかありません。

優待+配当の利回りをまとめてくれているサイトがあるため、私はそれを参考に配当金より優待利回りが大きい銘柄を探しています。

私が利用しているサイトはこちら
『楽しい株主優待&配当』

このように個別銘柄の優待権利確定月と配当利回り、優待利回りがまとめてあります。

    株主優待銘柄空売り手法で利益を得るコツ

株主優待銘柄で勝率を上げるために抑えておきたいことは

①一般信用売りで空売りを行う
(※抽選で当選することが必要)
②優待利回り>配当利回りの銘柄を狙う

の2点です。

株主優待空売り手法はIPOと比べて一回の利益は小さいです。優待利回り分の株価下落を狙う手法のためせいぜい+2%程の期待値です。しかし、当選確率はIPOよりも遥かに高く、年間での取引機会が多いローリスク手法です。数をこなせば、IPOの当選と同じくらいの利益を得ることが出来るのではないでしょうか。

ご興味ある方は是非トライしてみてください。

本手法はまだ細かいコツや注意点がありますので、今後別記事で追加解説していきたいと思います。

【私の得意な投資手法
仕手株待ち伏せ手法は高騰前の仕手株を事前に保有し高騰を待つ手法です。待ち時間を犠牲にローリスクでストップ高がとれるのが特徴で、2018年は+60%の成績です。
(参考記事☞仕手株待ち伏せ手法|2018年結果まとめ

優待先回り手法は株主優待の権利日に向けて株価が上がる現象を狙っての先回り保有です。
(参考記事☞優待権利日に向けて株価が上がる銘柄はこれだ!

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
<スポンサードリンク>