下落ランキングから低位仕手株待ち伏せ銘柄を探す

低位仕手株待ち伏せ手法は底値で入るほど下値は限定的となり長期で保有しやすくなります。また、高騰が起きたときの利益も大きくできます。

底値に近く、低位仕手株待ち伏せの候補となる銘柄を見つけるためにはどうすればいいのだろう?と考え、毎日の株価下落ランキングから良い銘柄が無いかを探してみることにしました。

低位仕手株待ち伏せ手法の詳細はこちら

『低位仕手株待ち伏せ手法を徹底解説!』

このように忘れないように毎日ツイートでメモしています。

今回は、9月7日と9月18~21日の値下がりランキングに掲載された約250銘柄をチェックしました。
9月8日から9月17日の期間はメモをいきなりサボってしまったためチェックできていません。

それでは250銘柄のなかで低位仕手株待ち伏せの候補として私好みだった5銘柄を紹介したいと思います。

     下落銘柄おススメ5選!

私好みの5銘柄について、銘柄名&2014年以降の週足チャート&気に入った点を掲載します。

3071.ストリーム

ストリーム

ストリームは現在株価104円まで下落しています。2016年の最安値が113円、2017年の最安値が103円であり、ここ数年の最低水準の株価になっています。

また、2014年には540円まで高騰した実績もあり、仕手株化の期待が高いと感じました。

5983.イワブチ

イワブチ

イワブチは今年の9月7日に高値を付けた上髭が気になり候補に上げました。仕手筋が一気に株を買い集めた際はこのような上髭が残ることがあります。

イワブチが買い集められているかはチャートだけでは判断できませんが、監視対象としても良いのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>

3956.国際チャート

国際

国際チャートは今年、私も2回取引を行いストップ高を複数回とれています。現在は9月7日の高値から30%以上も下落しています。

まだ相場が終わっていない可能性も十分考えられ、現在の312円という株価は2014年からの株価推移を見ても入りやすいと感じたため候補に挙げました。

国際チャートを今年私が見つけ出した根拠は別記事で紹介しています

『高騰銘柄を見つけ出せ!国際チャートを見つけ出した5つの視点』

7827.オービス

オービス

オービスは2014年以降、毎年1.5倍以上の高騰が起きている点が好印象です。このようなチャートの銘柄は仕手筋にとって株価操作がしやすく、イナゴも集まりやすい要素を持っているのでしょう。

現在の株価が底値に近いかの判断は難しいですが、株価がある一定の範囲で推移するレンジを形成しているので監視対象にいれてよい銘柄だと思います。

8705.岡藤
岡藤

岡藤も2016年以降、毎年高騰を起こしています。特に昨年からは定期的に高騰を起こしながら底値を上げていっています。これからも引き続き仕手株化し高騰が演出されるかもしれません。

以上、値下がりランキング銘柄からのおススメ5選でした。お好みの銘柄はあったでしょうか?
私はここからこの5銘柄に対して更に分析を行い、購入の判断をしてみたいと思います。

また今回は下落ランキングから探しましたが、出来高上昇ランキングなどから探してみるのも良いかもしれません。スクリーニングの方法も今後検証していきたいと思っています

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 仕手株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
<スポンサードリンク>