老後に必要なお金はいくらか
どうもタカニキです。人生100年時代を向かえている現在、引退後のライフプランを若いうちから練っておく必要があります。そのためにはまず老後に必要なお金を把握しておきましょう。

平成29年「家計調査報告(家計収支編)」(総務省)によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1カ月の家計収支は次のとおりです。
 実収入   20万91989円(うち社会保障給付は19万1880円)
 支出    26万3717円(うち消費支出は23万5477円)
 赤字     5万4519円
老後の定期収入である公的年金や企業年金では生活費や税金・社会保険料等の支出が賄えず、貯蓄の取り崩しや仕送りを受けて不足分を補っているようです。
老後の貯蓄は、いくら必要?[All about]より

記事によると平均して5万5千円を何かで補填する必要があり、退職金などとは別に2000万円のお金が必要であると計算しています。

単純に支出と収入の平均から計算しても、90歳まで生きるとすると、5.5万円×360ヶ月(30年間)=1,980万円とやはり約2000万円のお金を準備しておく必要があることになります。

<スポンサードリンク>

     備えを築くのに必要な運用利率

では、この2000万円を仮に引退までの期間の資産運用で築こうとすると必要な運用利率がどの程度になるのか。年齢と用意した最初の運用資金ごとに計算した表が次のものになります。

必要利率

もし、20歳で年率8%の運用が可能であればわずか100万円あれば2000万円を用意できることになります。社会人として働き始めれば40歳で500万円は現実的に可能かと思います。それでも年率7.2%でやはり2000万円を築くことが可能です。

資産形成における”時間”は最大の資産であり、いかに早いタイミングで資産運用に取りかかれるか?が老後に向けた資産形成において重要であると言えるでしょう。

20歳で500万円用意できれば8000万円の夢も見えてきます。

しかも、これらは初期の運用資金のみを利用した際の計算になるので、実際は積み立てることでもっと容易になるはずです。

アベノミクスによる株高がお金持ちにしか縁のない出来事と批判していた人もいますが、株式は資産形成における重要なツールです。節約・倹約も合わせ、無理のない範囲で、しかし、キチンと老後を見据えたライフプランの形成こそが、一般人が豊かな暮らしを送るための第1歩ですね。

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 仕手株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
<スポンサードリンク>