ふるさと納税の仕組み

最近巷で話題のふるさと納税。誰しもが得であることは理解していると思うのですが今回はその仕組みについて簡単に解説します。

といってもものすごく詳細に説明しても意味ないので、ざっくりとどこからどこへお金が移動して、自分たちはどの程度お得なのか考えてみることにします。

<スポンサードリンク>


     ふるさと納税で損するのは誰?

ふるさと納税のお金の流れを考えてみます。お金の流れをつかめばふるさと納税の仕組みを理解したも同然です。

例えばここではAさんが2万円の寄付金で返戻品としてお肉をもらったとします。このお肉の相場の値段は6000円としましょう。また今回は寄付先の自治体がB市、Aさんの住所がC市と仮定します。

このとき、お金の移動を整理すると下記のようになります。

ふるさと納税

寄付金額に対する返戻品の金額の割合がいわゆる返戻品の還元率で、政府はこれを30%以下に設定しなさいと言っているわけです。

Aさんは2000円の負担で6000円相当のお肉を手に入れているわけですからかなりのお得です。

図を見てもらうとわかるように市区町村全体での税収は減っているわけですが、隣?いやそれどころじゃない遠い町のことなんざ知ったこっちゃないと市区町村同士の骨肉の寄付金獲得争いが生じてしまっているのです。

結局のところ、損をしているのはAさんの住んでいるC市だけということになります。

     ふるさと納税はお金持ち優遇策!?

ところで寄付できる金額はその人自身の年収によって決まっています。この金額は年収が多ければ多いほど高くなり、一方で寄付する人の持ち出す金額は基本的に2000円で一律となっています。

寄付金額
ふるさと納税サイト「さとふる」より抜粋

つまり、ふるさと納税はお金持ちほど得をする逆進性を持った制度ということになります。

こう言ったお金持ちを優遇している策であるにも関わらず一般の人は全く文句を言いません。
なぜなら、額に差はあれど一般人もこの制度でお得を享受しているからです。さらに言えば、そもそもお金持ちが優遇されていると気づいている人自体少ないかもしれません。

地方都市に富(税収)を再分配することを目的としているこの制度ですが、それと同時に富をお金持ちにまで再分配しているとは皮肉が効いてますね 笑

     やらなきゃ損なのでふるさと納税はやるべし

と結局ふるさと納税で損しているのは一部の自治体だけで、寄付する当事者は損することは基本的にありません。

ということはふるさと納税をやらない理由は特にないので気持ちよくふるさと納税のお得を享受しましょう。

私もふるさと納税を利用して色々楽しんでます。

こういったお得な情報も知らないと誰も教えてくれないので、日頃からアンテナを高くして世の中お得に生きていきたいですね。

今ならまだ返戻品の還元率が高い自治体もあるようですよ。

それでは。

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 仕手株へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
<スポンサードリンク>