【FOLIOとSBIやるならどっち?】という題目に対して、結論から言えば従来にはないテーマ投資サービスを提供しているFOLIOかなと思います。
スポンサードリンク

テーマ投資を題材にしたサービス「テーマキラー」と「Folio」

テーマ投資を簡単にできるサービスが徐々に増えてきています。
 
SBI証券の「テーマキラー 簡単テーマ投資」やスマホアプリから簡単に投資できるサービスで最近ではダウンタウンの松本さんを起用したCMも流しているFolioがそれです。
SBI証券のテーマキラー
 

 

アプリから簡単投資folio
いずれも多彩なテーマから自分の好きなテーマを選択することで簡単にそのテーマの銘柄10個程度に分散投資をしてくれるものになっています。
 

テーマ投資の特徴・リスク

テーマ投資には共通する特徴・リスクがあります。

まず特徴として挙げられるのは、
  • テーマに即した銘柄を自動で10個程度を選んでくれる
  • ミニ株制度を用いて少ない株数から株を保有できるため最低投資額10万円から投資できる
  • 短期間で大きく値をあげることがある
という点です。
 
一方でテーマ投資特有のリスクも挙げられます。それは、
  • 株価の値動き速度が速く、ボラリティが大きいテーマが多い
  • 流行りのテーマには業績が芳しくない銘柄が多くあり長期的に見ると株価上昇の継続性に乏しい可能性がある

という点です。銘柄10個に投資することでリスク分散できる旨がサイトには表記されていますが、基本的には同テーマで値動きの上下動は一緒になるはずなので、あまりリスク分散には期待しない方がいいと思います。

もちろん選択するテーマ次第となりますが、リバランスなどを気にするほど長期での投資というよりは短中期で利確していく投資スタイルを適用すべき手法である点をしっかり理解しておきたいところです。

Folioでは選択したテーマごとにリスク許容度に合わせたポートフォリオバランスを設定できるので多少マシかもしれません。

単なるテーマ投資とは一線を画すFolio

テーマの選び方が面白いのが、フィンテック系スタートアップとして期待されるFolioです。手数料は0.5%と個別で自分で投資するよりは少し割高ですが、基本的な銘柄選定を代行してもらっている点など考慮すればまぁまぁかなと思います。

SBI証券の展開するテーマキラーのサービスで設定されているテーマは、5GやIoT、再生医療など技術にフォーカスしたテーマが主流となります。

一方、Folioで展開されるテーマには、コスプレや温泉、面白いところではようこそ温泉といった変わったテーマがいくつもあり、中期的な目線で面白く投資ができるテーマが用意されている点が新しいかと思います。

 
 
 
FullSizeRender
テーマ設定が面白い
 
これらは技術を切り口としたテーマとは違い、投資先の業種が少しバラけるため普通のテーマ投資よりもリスクが分散されます。
 
これは非常に面白い切り口だと思います。
 
例えばペットと暮らすというテーマでは下記のように一見すると全く異なる業態の銘柄が選考されています。面白いですね。
 
FullSizeRender
ペットと暮らすのポートフォリオ
 

もちろん先ほどの技術にフォーカスしたものもありますので心配は無用です。

中には高ROEや割安銘柄など従来のテーマにはない長期投資に適した切り口もあり、長期投資を志向している初心者の人の銘柄選定を楽にしてくれるのもありがたいところかと思います。

また、ウェルスナビやテオといった流行りのロボアドを利用した長期投資サービスも展開しており、1口座開いておけばいずれにも投資できるので試しに口座を開くのもありかと思います。

テーマ投資では国内材料銘柄でボラリティをとり、ロボアドによる長期投資で海外も含めた世界全体の経済成長を安定して享受する、こんな投資法を一つの証券口座でできるのは特徴的ですね。

 
テーマ投資に興味があるならFOLIOの口座を作ってみるのがおすすめだと思います。
 

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ