今年から毎日のストップ高銘柄のデータをまとめています。

理由はもちろん、ストップ高になる銘柄の特徴を捉えて先回り保有し利益を上げるためです。

分析項目としては『株価、時価総額、PER、PBR、発行株数、浮動株率、浮動株時価総額、浮動株数、信用買い残り、信用売り残り、貸借/信用』の11項目を暫定で採用しています。

他の分析ルールとしては
〇各項目の値はストップ高となった週の週末時点のデータ
〇東証一部は除く
〇PERが無い場合は0とする
〇連続ストップ高の場合は1回目のみ掲載

<スポンサードリンク>

今回は2月25日から3月1日の期間のストップ高銘柄のデータを掲載します。

2月25日~3月1日ストップ高銘柄
佐渡

1月28日~3月1日の期間のデータまとめ
佐渡

こんなデータ集めてどうすんの?という話ですが、例えばの分析をしてみます。

1月28日~3月1日 時価総額分布
佐渡
上のグラフはいま集計した全期間におけるストップ高銘柄の時価総額分布です。

全体の40%以上が50億円以下。200億円以下が実に80%を占めています。

つまり、「ストップ高が引きたければ時価総額は200億円以下を狙うべき」という線引きができます。

今週のストップ高銘柄も時価総額200億円以下が90%近くです。

2月25日~3月1日 時価総額分布
佐渡
しかし、「時価総額200億円」という条件のみで検索しても膨大な数の銘柄がヒットします。

そのため複数の指標を作成しています。複数の指標を作ることで、それぞれは当たり前な指標で、当たり前な数値であっても、それを全て満たす銘柄は絞られます。

そのスクリーニングで出てきた銘柄をチャート分析など行い、購入銘柄を選定する。というのが私がよく行う方法です。
図1
そのため、スクリーニングである程度の数に絞り込むためには、目的に合った指標の設定が大切です。

今のところの各指標の分布を載せておきます。

図1
ある程度データも集まってきているので、そろそろスクリーニングを行いたいと思います。

またスクリーニング結果も記事にします。


励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

<スポンサードリンク>


 
<スポンサードリンク>