”低位株・仕手株待ち伏せ手法”高騰する前の低位株・仕手株をあらかじめ見つけ出し、高騰を待ち続けるという手法です。

この手法はメリットとしてローリスクでストップ高を得られる点がある一方で、デメリットには待ち時間がかかる点が挙げられます。

いつ高騰が起きるのか分かりませんので、その時が来るまで保有し続ける必要があります。

このデメリットをもし解決出来たら、この手法は次々にストップ高をゲットできる手法にランクアップします。その時には待ち伏せ手法なんて名前じゃなく、もっとカッコいい名前になるでしょう。

待ち伏せ期間の短縮方法はあるのか?というお題に対しての答えはまだ持っていませんが、ひとつ仮説があります。

それは「材料無しでストップ高した銘柄は、その後に高騰する傾向にあるのでは?」ということです。

これは以前から感じていたことです。

例えば去年、私も保有していた日本テレホンは材料無しのストップ高をよく起こしていました。

日本テレホン 18年1月~6月
佐渡

こんな感じで噴いては戻り噴いては戻りを繰り返しており、この材料無しの噴き上げで私は利確して満足していました。

しかし、この後に日本テレホンは高騰。

日本テレホン 18年4月~9月
佐渡
私が保有していた価格からは最大で3倍になりました。

同じようなパターンは他にもありました。IPSや地域新聞などで、どれも数倍以上になっています。

そもそも、材料ないのにストップ高になるってどう考えてもおかしいですよね。誰が何の目的で買ってんの?て話です。

私が低位株・仕手株待ち伏せ手法を作るにあたって参考にした著書「仕手株でしっかり儲ける投資術」では仕手筋の株集めの方法の一つに「一気に集めるケース」を挙げています。

以下引用です。

"株を一気に買い集めるパターンが多くなってきています。(中略)ある日突然に大量の買いが入り、値上がり率上位にいきなり顔を出します。"

やはり、材料無しで急騰した銘柄は怪しさを感じます。また、著書は以下のように続きます。

"このパターンが多くなっているのは、安く買い集める必要が無いということでしょう。つまり仕手筋の資金力が豊富だということです。"

これが本当だとしたら、謎の急騰を繰り返した後に数倍になったことも納得できます。

株価を取得単価以上に吊り上げて売り捌く自信があるために一気に買い集めているということでしょう。

もちろん、材料無しに株価が上がり、その後に株価は元に戻ってそのまま音沙汰無し、といった銘柄もあります。

そこの違いは今後、仮説を持ってデータ収集していきたいと思います。

まずは、今年の1月と2月の材料無しストップ高銘柄を今後ピックアップし、分析を行いたいと思います。

「仕手株でしっかり儲ける投資術」

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

<スポンサードリンク>

 
<スポンサードリンク>