2019年も4分の1が終わろうとしている今、今後予定されているイベントに向けて有力な銘柄を仕込んでおきたいところ。
 
今回は2019年イベントからおすすめできそうなテーマと仕込みたい銘柄を探してみました。

突発的に生じる材料は予見できませんが、確実に起こるイベントから関連銘柄を紐解いていきたいですね。

まずは2019年確定の政治経済的予定をみていきましょう。

スポンサードリンク

2019年の政治・経済スケジュール

出典:トウシルより著者改変
 
以上のようなスケジュールになってます。中でも関連銘柄を考えやすいのは元号と選挙でしょう。

元号関連銘柄

直近ではやはり元号関連のスケジュールが注目です。いきなり題名に反し2019年前半の話ですみません。笑

以前の記事、【仕手株投資術】2019年注目テーマでも元号関連は取り上げました。

このとき取り上げた銘柄は、

  • 6335 東京機
  • 6418 日金銭
  • 6428 オーイズミ
  • 6457 グローリー
  • 7838 共立印刷
  • 7851 カワセコンピ
  • 7911 凸版
  • 7914 共同印
  • 7916 光村印
  • 7919 野崎紙
  • 7946 光陽社
  • 7987 ナカバヤシ

といった元号切り替えによる機器や用紙の更新によって特需が期待される会社でした。

このイベント自体は新元号発表とともに売りが生じる危険性があるので、過度の期待や安易な購入は躊躇してしまいますが、逆に業績がいい会社に関しては落ちたところを仕込んでもいいかもしれません。

そういう意味で監視はしておいていいと思います。


新元号発表までの短期間で勝負するとして、元号関連で私が買うならカワセコンピューター光陽社の2社を選びます。両社とも時価総額が低く、3月31日のどこかで跳ねたら売る戦略での保有はありかと思います。チャートも入りやすい感じです。

繰り返しになりますが、4月1日まで持ち越すのは危険だと考えます。戦略としてはあくまで3月31日までであくまでもし買うなら上記2つという話です。

光陽社
光陽社チャート

 

カワセコンピューター
カワセコンピューターチャート

選挙関連銘柄

続いてが選挙関連の銘柄です。

選挙関連は結構再現性があると考えています。2017年、衆議院解散時に思惑買いが入った銘柄を監視しておきたいところ。

たしか2017年は選挙関連を仕込もうと思った矢先に解散の報道がされて悔しい思いをした記憶があります。少し行動が遅かったことは反省点でした。

では実際に注目銘柄をピックアップしてみました。

  • 2352 エイジア
  • 2436 共同ピーアール
  • 2499 プラップジャパン
  • 3919 パイプドHD
  • 3955 イムラ封筒
  • 4708 リライアコミュニケーションズ
  • 4819 デジタルガレージ
  • 6050 イー・ガーディアン
  • 7521 ムサシ
  • 9699 西尾レントオール 
いずれも選挙対策の業種、選挙用道具などの会社です。
 
選挙
選挙までは期間がありますので安いところ拾って分散で保有しておくのがいいかもしれません。

この中で好きなのはイムラ封筒ですね。仕手性があって選挙までに吹く可能性もあるので面白いと思います。実はすでに別の理由から持ってます。

イムラ封筒
イムラ封筒チャート

以上、2019年後半に向けて買っておきたい銘柄のまとめでした。

本当は消費税増税も取り上げたかったんですが根気つきたのでまた次回にしたいと思います。笑

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ