今回は、消費増税に向けて仕込みたい株を10個選んでみました!

以前の記事「【選挙】【新元号】2019年後半に向けて買っておきたい銘柄を発掘!株はイベント先回りで仕込もう」でも挙げたように、政治的経済的に決まったイベントは先回りで関連するテーマの株を仕込みやすいため、積極的に狙っていきたいポイントになります。

本記事では、前回記事で疲れて挫折してしまった、消費増税に関する銘柄をピックアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

2019年消費増税はここが違う!

2019年の消費増税がこれまでと違うところは、増税によって懸念される消費の落ち込みに対応すべく、政府が国策として対策を発表していることです。

この対策の最大の目玉が軽減税率であり、キャッシュレスによるポイント還元政策です。

よって、過去の消費増税の実績に加え、キャッシュレス関連の銘柄にも注目が集まることが予想されます

キャッシュレス関連はそれ自体人気になりやすいテーマですし、消費増税までの期間にキャッシュレスのテーマ単体で盛り上がる可能性も秘めているため、今回の消費増税関連銘柄の主軸として考えたい銘柄になります。

消費増税関連銘柄をピックアップ!

ということで前述の内容を踏まえ、私の気になる銘柄を12個選んでみました。

消費増税で買い需要が予想されるシステム関連・リース関連・シェアリングエコノミー関連・住宅関連・中古関連・大物家電関連に加えキャッシュレス関連の銘柄の中で、個人投資家にうまみのある比較的時価総額が低いものを中心に選抜しています。

業種
証券番号
会社名
SI
8593
三菱UFJリース
SI
9928
ミクロ情報サービス
SI、キャッシュレス
3753
フライト
SI、キャッシュレス
2307
クロスキャット
キャッシュレス
3784
ヴィンクス
キャッシュレス
3960
バリューデザイン
キャッシュレス
6424
高見サイバネティックス
カーシェア
7599
IDOM
家電
8202
ラオックス
住宅
1451
KHC
住宅
1906
細田工務店
中古
3135
マーケットエンタープライズ

中でも私の注目は3784 ヴィンクスです。チャートも反転が近そうで、消費増税、キャッシュレス、AIといった旬なテーマ性を持った面白い銘柄です。

ヴィンクス チャート(上:週足、下:日足)

表に記した以外にも2780 コメ兵や3181 買取王国、6664 オプトエレクトロニクスも興味を引く銘柄です。

今後これらの銘柄の動向は注視していきたいと思っています。

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ