1行目からのネタばらしとなりますが、記事タイトルはウソです。

ブログでエイプリルフールネタをやってみたく、かましてしまいました。すみません。

本当の達成度は半分ないくらいです。これまた中途半端なウソをついていまいました。

しかし、いつかはウソでなく本当の億達成報告をブログで行いたいと思っています。

私は短期投資と長期投資を組み合わせて着実に資産を増やすスタイルをとっており、あと10年から20年で億達成は可能と考えています。

今日の記事では1億到達までの戦略を、現在の私の資産ポートフォリオを見ながら考えていきます。

億り人 ポートフォリオ

上の図は私の資産ポートフォリオです。持ち家や車などは含んでおらず、株式と現金のみのポートフォリオです。

キャッシュ割合がどう見ても多すぎ問題です。普通の会社員が億の資産を作るには資金運用が必須ですので、キャッシュを上手く運用に回さないといけません。

”80%近くあるキャッシュポジションをどう使うか”を考えてみます。

アクティブ運用資金を増やす


アクティブ運用では国内株式を平均数ヶ月の保有期間で取引しています。

手法は①低位株・仕手株の高騰待ち伏せ手法②イベント先回り手法の2つです。

①参考記事:仕手株待ち伏せ手法!ローリスクハイリターンの投資法
②参考記事:イベント投資の考え方!必勝手法を編み出すマインド!

今のところ毎年利益を出せており、昨年の実績は+60%です。

追加入金して更に積極売買するのも手です。しかし、私が売買する銘柄は非常に出来高が少なく、運用資金が多くなると売買しづらくなるデメリットがあります。

<スポンサードリンク>

長期投資資金を増やす


長期投資においては①パッシブ運用(ウェルスナビ、積立nisa)と②新興国個別株の保有の2つを行っています。

①参考記事:これがウェルスナビの実力!?暴落時に見せた神トレード!
②参考記事:

パッシブ運用ではウェルスナビや積み立てNISAを通じて積み立て運用を行っています。

毎月大体10万円ほど普通預金から積み立てていますが、この積立金額を引き上げるのもありかもです。

パッシブ運用は株式投資のなかで勝率の高い手法ですが、運用期間の長さがデメリットに挙げられます。しかし、資金が潤沢にあれば積み立て金を増やすことでそのデメリットは解消されます。

億り人 シミュレーション

年利5%で20年運用した場合、大体元本の2倍になる計算です。毎月20万円なら20年後には8千万円です。

お金に余裕があり、10年から20年での資産形成を目指す人にとってはパッシブ運用が最適でしょう。

積み立てNISAは上限が決まっていますので、ウェルスナビの積立金を増やすことを検討したいと思います。

また、新興国の個別株を買い漁るのも手です。当たれば10年20年後にパッシブ運用の比にならない大きな利益をだしてくれるでしょう。

投資手法の検証に使う


まだやったことはないけど、試してみたい投資手法がいくつかあります。その検証に資金を回すのもありかなと思っています。

上手くいけばパッシブ運用よりも利回りは高いでしょうし、記事にすればブログとの相乗効果も見込めます。

『1千万円をIPO抽選に用いたら年間利回りはどれぐらい?』とか個人的に気になります。

他にもいくつか検証したいことがありますので、近いうちに開始したいと思います。

債券を買うとかも手なのですが、全然面白くないしブログネタにもならないですからね。どうせなら楽しめ運用方法に使いたいと考えています。

まとめ


1億達成を目指した資金の使い方を3パターン考えてみました。おそらく、全パターン実行すると思います。

エイプリルフール記事を書くという夢は叶いましたので、次は億り人という夢を達成します。

推奨記事:【投資初心者向け】少額資金からの運用方法をケース毎に解説!

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

<スポンサードリンク>
 
<スポンサードリンク>