楽天証券のポイント投資など、楽天は自身の経済圏を活かした面白い取り組みをいろいろ進めています。

最近では「ポイント運用」といったポイント投資とは異なるサービスを始めたようです。今日はそのポイント運用とはどんなサービスでやった方がいいのか考えてみます。

<スポンサードリンク>


天のポイント運用とは


楽天の開始した新サービス「ポイント運用」とはその名の通り、楽天ポイントそのものを運用するサービスです。ポイントを投資すると楽天の用意した投資信託に連動してポイントが増減するといった内容です。

IMG_0038
コースは、より積極的にリターンを狙うアクティブコースと比較的値動きがマイルドなバランスコースという二つのコースが用意されています。

アクティブコースは、「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」、バランスコースは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」に連動することになります。

イント運用とポイント投資の違い


楽天は楽天証券にてポイント投資というポイント運用と似たサービスをすでに展開しています。ポイント運用はあくまでポイントを投資し、ポイントが返ってくるのに対して、ポイント投資は投資した時点で現金を投資したのと同じになります。

また、最低投資ポイントや投資対象も異なります。

ポイント運用があくまで投資の入り口として投資に慣れるためのゲームのようなサービスなのに対して、ポイント投資は原資がポイントというだけでやっていることはまさに投資そのものといった違いがあります。

IMG_0040

イント運用のメリットとデメリット


ポイント運用のメリットは、

・ 年間に得た楽天ポイントと運用によって利益として得た楽天ポイントの合計が50万円以下なら課税されない可能性が高い

といったことでしょうか。ポイントに関する税制に関しては詳細が不明なので断言はできませんが、おそらく一時所得として扱われるため異常にポイントを得ていなければ大多数の人は税金が発生しないと思われます。

投資対象となっている楽天・インデックス・バランス・ファンドも優秀な投資信託だと思うので、投資が初めての方や慣れていない人が始めるにはうってつけのサービスでしょう。

一方、デメリットは、

・ 投資できる額が100ポイント以上から
・ 投資先が限定されている


といった点になると思います。しかし、先ほども述べたように対象の投信は優良商品なので投資先としては特段問題ないと思います。

また、投資できるポイントも1ポイントから運用してもはっきりいって意味ないのでデメリットにならないかもしれません。

逆に投資に不慣れな人はわざわざ証券口座をひらくまでもなく、このサービスで完結してもいいような充実の内容になっています。そもそもタダでくれているポイントの利用なので損することもありません。

投資先の商品に詳しく明確に投資したい商品がある人以外には、ポイント投資のメリットが逆に見当たらないかもしれません 笑

いやはや、こんな面白いこと考える楽天には称賛の声を届けたいと思います。

ポイント余っている人もいるでしょうからぜひぜひ試してみてください!年率平均1~5%程度のリターンは期待できると思います。

ただポイントがいっぱいある人以外は額がびびたるものすぎてやってもやらなくても変わらないかもしれません 笑

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

<スポンサードリンク>
 
<スポンサードリンク>