確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)とは、確定拠出年金法を根拠とする私的年金である。2001年(平成13年)10月から始められた。「日本版401k」とも言われ、日本の年金制度上は第三階に位置づけられる。

現役時代に掛金を確定して納め(拠出という)、その資金を運用し損益が反映されたものを老後の受給額として支払われる。

企業型の特徴は、「企業が掛金を支払う」(全額事業主負担)というものである。後述するマッチング拠出を利用することで従業員が上乗せで拠出出来る。

(Wikipediaより)

企業型確定拠出年金とは、平たく言うと退職金の一部を自己責任の下自ら運用することで、老後の生活をより豊かにしようとする制度です。401kの名前は、制度のモデルとなっている米国の税制を規定する「内国歳入法(Internal Revenue Code : IRC)」の条文に由来しているようです。

 

最近では個人型確定拠出年金(iDeco)が話題になっていますが、これは企業の退職金のみならず、個人(特に主婦や自営業の方)が資産を運用することで、老後の資産形成の一助となるように拡充されたものです。

いずれも税制面でメリットがあり、貯蓄から投資へというスローガンのもと大々的に宣伝されていますよね証券会社も次々と対象商品を拡充し、激しい競争を繰り広げています。

 

スポンサードリンク

情報の少ない企業型確定拠出年金

 

個人型に関してはすでにインターネット上に多くの推奨商品や運用スタイルの紹介がありますが、企業型に関しては情報が少ないように感じます。これは企業型は個人で会社を選択できず、おのずと選択の幅が狭まっているからではないかと思います。

 

そこで今回は、人生における大事な資産運用の一つである企業型確定拠出年金の運用に関して当ブログで取り扱いたいと思います。

管理人の勤める会社では、確定拠出年金の取り扱い会社としてニッセイが選定されているので、今回はニッセイの取扱商品のみの議論になってしまいますがご了承ください。

 

ニッセイの取扱商品

 

下の図にニッセイにて運用可能な商品の一覧を示します。

401k_元本保証型

 401k_国内債券株
401k_外国債券株
401k_外国株
401k_バランス

若い人ほど株式推奨

 

確定拠出年金は長期での運用が想定されますので、基本的な考え方は長期投資の考え方と同じでいいと考えます。つまり、20~30代の方は、より株式での運用を、すでに40、50代以上の方は、債券などを組み込み、利率よりも金額の安定性を重視した運用スタイルがいいと考えられます。

 

なぜ20~30代の方は株なのでしょうか。その商品投資した際の年間平均収益率はすでに多くの書物からわかり、株式で9%、債券で5%、現金(インフレーション)3%となっています(データ元:「敗者のゲーム」 チャールズ・エリス著、アメリカ市場)。さらにこれらの値は、運用期間を長くとればなくとるほど収束していくということも示されています。

 

これは、長い時間をとれば値は平均に回帰するというごくごく当然のこと示すと同時に、運用期間が長くなればなるほど株式での運用があきらかに有利であるということも示しています。つまり、短期間で見れば株式での運用は変動が大きく、マイナス変動する期間もあるかもしれませんが、20年以上の長期運用を想定すれば、平均リターンは年間9%で収束し、その他の商品に投資している場合に比べ大きく利益を伸ばせることを示します。

 

一方、40代以上の方はリターンもさることながら出口である60歳になった時を意識したPFにする必要があります。58歳で突然の暴落に巻き込まれては取り戻す時間もなく支給の時期を迎えてしまします。そこで、50歳を超えるくらいをめどに株式から徐々に債券や元本保証型の商品割合を増やしていき、来たるべき定年退職の時期に備える必要があると考えられます。

 

おすすめはどれ?

 

株式での運用を考えた際、外せないのはアメリカ市場です。通常の投信運用では近年、多くのアメリカ市場を対象にした商品が出てきていますが、残念ながらニッセイの取り扱い商品の中にはほとんどありません。

 

ニッセイの商品群の中では信託報酬も考慮すると、野村外株インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI・DC一択かと思われます。これは、先進国の株式に投資する投資信託で、約60%をアメリカ市場に投資しています。これ一本で、アメリカの市場成長も取りこみつつ、世界に分散投資もできるのでお勧めです。私も、これ一本でしばらくは運用していく予定でいます。

マイバランス70も外国株式としてアメリカ市場に投資できますが、債券の割合が高すぎるように個人的には感じています。

続いて年を重ねて債券の運用比率を高めていく場合、三菱UFJDC国内債券インデックスファンド、日興インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)などを取り入れていけばよいかと思います。よりディフェンシブに行くなら国内に比重を置くのがよいでしょう。マイバランスもいいですが、日本国内市場にあまり期待していないタカニキはあまり推奨していません。先に述べた外国株式の投信と債券投信を自分で組み合わせた方がよいと考えています。

 

いずれも信託報酬が低いものを選んでおけばあまり間違えないラインナップともいえます。

投資におびえている人が少しでも本ブログで投資に興味を持ち、無理のない範囲で投資を始めてくれることを祈っています。確定拠出年金は、自動で会社が積み立ててくれ、長い期間の運用を手軽におこなえるいい制度だと思います。

励みになりますのでポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ