タカニキの金持ち戦略日誌

資産を増やすための戦略を掲載していくブログ 短期投資(仕手株, 優待, アノマリー)、長期投資(外国株式, 投資信託, ロボアドバイザー)、クレジットカードや保険についても

カテゴリ: 投資コラム

タカニキ@現金多め相場見極め中@make_life_rich株のモチベーションを維持するのはとても難しい仕事の環境も悪くはないし、給料も良いお金だってある程度の一戸建てをキャッシュで買えるくらいはある物欲は無いから金は溜まるなんで投資を頑張っているのか分からなくなる時が ...

このブログでは度々金融リテラシーの大事さを書いてきました。金融リテラシーとは簡単に言えばお金に関することを適切に理解・解釈・分析することができる能力のことです。現代は全ての物事の価値をお金を通して交換します。誰かと一緒にいて幸せに思う価値はお金を媒介して ...

野村證券は全国に幅広く顧客基盤を持ち、日本最大の口座数を誇ることから「証券業界のガリバー」と呼ばれてきた。しかし、その顧客基盤がいま大きく揺らいでいる。「ひとつは野村證券の顧客の高齢化が目立ってきた。おのずと、かつてのように豊富な個人投資家の売買が期待で ...

巷に溢れかえるカタカナ用語、『コンプライアンス』『コンセンサス』...聞いたことあるけど意味が説明できるかは微妙なものもありますよね?笑株式投資の世界の単語も同じです。普段何気なく見ているけど読み方を間違っていたり、よく話題に挙がるけど意味がわからなくて流し ...

今回、私タカニキが厳選する優良アカウントを紹介したいと思います。株式投資における情報収集ツールとしてTwitterは非常に汎用的で有用なツールになってきています。しかしながら、Twitter上では小規模な仕手集団まがいのアカウント群が特定の銘柄を煽ることで値幅を取ろう ...

アップルに関しては最近お決まりのパターンで決算のたびに業績の行き詰まり感を指摘されるわけです。オワコン、オワコンと。しかし、現実を冷静に見ればAppleに対して投資家が過度に悲観的になる必要はありません。むしろこの悲観的なムードが長期投資家に多くの利益をもたら ...

リーマンショックに続く金融危機の新たな引き金として債券市場の抱えるリスクが指摘されています。債券投資におけるリスクとは、信用リスクと金利リスクです。信用リスクとはデフォルト(債務不履行)率のことで、ようはお金を返せないのでその債券はただの紙切れになりまし ...

文部科学省の調査によると「親の年収が低くても学力の高い子は、家庭で読書をしていること」が特徴だとしています。この話はテレビなどでもよく聞く話ですし、昔から一度は耳にしたことがある内容ではないでしょうか。果たしてこの話は正しいのでしょうか?中室牧子氏の著書 ...

かの天才・アインシュタインが『人類最大の発明』と称したのが『複利』です。『複利』とは「元本に加え、利子に対しても利子を計算する」という考え方のことで、それの対照となる言葉に単利があります。こちらは「元本に対してのみ利子を計算する」という考え方になります。 ...

↑このページのトップヘ