現代ポートフォリオ理論という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

投資信託の目論見書などにも登場するこの現代ポートフォリオ理論は、投資におけるリスクとリターンの関係を明らかにし、投資家にとって最適なポートフォリオを数学的に表現することを可能にした理論です。この理論は、1990年にノーベル経済学賞を受賞したマーコビッツが1952年に発表した論文に端を発し発展し、運用の世界の基礎になっているものになります。

ロボアドバイザーのウェルスナビにも採用されている有名な理論ですね。

なんだか難しく聞こえるでしょうが、この理論が導き出している結論はとっても単純で明快です。今回の記事は、この現代ポートフォリオ理論がなんなのか?そして、これが投資にどのように役立つのか解説していきます。

スポンサードリンク

現代ポートフォリオ理論とは

現代ポートフォリオ理論とは、冒頭でも書いたように投資におけるリスクとリターンの関係について言及した理論です。

まず、このリスクとリターンという言葉についておさらいしたいと思います。

リスクとリターンの意味

二つの言葉が表す意味は下記のとおりです。

 
リターンとは、投資によって得られる利益のことです。

一方、

リスクとは、リターンの振れ幅のことです。

一般的にはリスクもリターンも割合[%]で表記されます。

例えば、「この投資商品のリターンは5%でリスクは10%です」と表記されていたとすれば、ある年のリターンは+15%になったり、ある年のリターンはー5%になったりし、平均的には+5%の利益が得られるという意味になります。

リターンが同じならリスクはできるだけ低い方が良いと一般的には言われています。

なぜリターンが同じならよりリスクが低い方がいいのか?

とるリスクに対してもっとも効率的にリターンが得られるからといえば理解しやすいでしょうか。同じだけ利益がでるなら毎回毎回資産が上下に激しく変動しているよりは安定している方がいいと言い換えてもいいかもしれません。

現代ポートフォリオ理論が導きだした答え

 

この理論が導き出している結論はとっても単純で明快で以下の2つになります。

① リスクとリターンはトレードオフの関係にある

② 分散投資することでリターンはそのままにリスクだけが低減する

どうでしょう。どっかで聞いたことがある話ではないでしょうか。

「大きい利益を得たいならリスクをとれ!」

「卵は同じかごに盛るな!」

などの昔から言われている投資の格言そのものですね。

リスクとリターンはトレードオフの関係にある

つまり、大きいリターンの投資先を選ぶとそれに伴ってリスクも大きくなってしまうということです。

株式のほうが債券に比べてリターンは大きいですが、リスクも株式のほうが債券に比べて大きくなります。単一の投資先で比較すると「リターンが大きくてリスクがものすごく小さい」そんな夢のような投資先はないということになります。

しかし、これが複数の投資先を組み合わせると状況が大きく一変します。それを表したのが分散効果を示した次の結論になります。

分散投資することでリターンはそのままにリスクだけが低減する

先ほどは、単一の投資先で比較すると「リターンが大きくてリスクがものすごく小さい」そんな夢のような投資先はないと書きましたが複数の投資先を選ぶと話は変わってきます。

例えば、

リターンが9%でリスクが20%の商品A
リターンが7%でリスクが15%の商品B
リターンが5%でリスクが10%の商品C

という3つの商品から投資先を選ぶとしましょう。このとき、単純に商品Bだけを選ぶと非常に損することになります。

実は商品Aと商品Cを組み合わせてポートフォリオを作れば、リターン7%リスク5%というポートフォリオが作成可能になるのです。つまり、期待リターンは商品Bと同じなのにリスクだけが下がっている状況を作り出せることになります。

これが、分散投資することでリターンはそのままにリスクだけが低減するという効果の意味になります。さらにいうと投資先が互いに連動しない商品であるほどリスク低減効果が高いことも明らかにしています。

現代ポートフォリオ理論はこれら2つの結論を数式で表現できるようにした画期的な理論なのです。

数式で表せるようになると何がいいか?

それはコンピューターを使った計算によって投資先の組み合わせを選出できるようになることです。コンピューターの計算能力を使えば、複数の銘柄によって考えられる無数の組み合わせの中から最適な投資先の組み合わせとその比率を計算で導き出すことができます。人間の勘や経験を頼りにした投資手法からの解放を意味する金融史に残る偉業といってもいいでしょう。

スポンサードリンク


現代ポートフォリオ理論に弱点はあるのか?

そんな偉大な現代ポートフォリオ理論にも弱点があります。

現代ポートフォリオ理論におけるマーコビッツの数式は繊細過ぎて、現実に運用しようとすれば突拍子もないポートフォリオを提案することがあります。

また、各商品のリスクとリターンの情報は過去の結果から変化しないという前提に基づいているため、かならずしも精度面で完璧にすることが難しい弱点がありました。

しかし、この点を補う方策を練ることで各証券会社は実運用でも優れたポートフォリオを作れるようにしています。

例えばウェルスナビでは、期待リターンを過去データから推定することの問題点をBlack-Litterman モデルと呼ばれる特別な手法を用いて克服しています。

また、各商品の比率に上下限を加えることで繊細な式によって生じてしまうポートフォリオの崩れを防ぐ方策も取っています。

さらにアメリカなどではモンテカルロ法とよばれるコンピューターを用いた演算手法によって乱数による市場の動きのシミュレーションを何千回も重ね、そのなかから最適のポートフォリオを割り出す方法なども開発されています。(参考ページ

IT技術の発展とともに理論も同時に進化してるといえるでしょう。

スポンサードリンク

現代ポートフォリオ理論を素人が使うためには

ここからはぶっちゃけると宣伝です。笑

こんなにすごい現代ポートフォリオ理論ですが、自分で使おうと思ってもなかなか手が出ないですよね。

しかし、そんな素人である私たちも簡単にこの理論を使って投資する方法があります。

それはウェルスナビです。先ほども書いたようにこの理論に基づいて最適なポートフォリオの比率になるように自動で銘柄の比率を変えてくれるのがこのロボアドバイザーウェルスナビのすごいところ。

私もウェルスナビを通じて毎月4万円の積立投資を行っており、実績に基づいた記事をいくつか書いています。

【ウェルスナビ実績公開】これがロボアドバイザーの実力!?暴落時に神トレード発動!

銘柄選定や仕事や家庭での生活に日々追われ投資のことを考える暇のない方にはうってつけのサービスです。

私も積立運用2年目ですが早めに開始して良かったと思えるサービスです。

運用2年目 ウェルスナビ評価額

運用2年目 ウェルスナビ評価額

公式HPも確認してみてください。実際の運用の中身はここから確認できます。

「WealthNavi」で資産運用

もちろん、投資に慣れている人は自分で銘柄を分散させて購入するのも全然ありだと思います。銘柄を選んでその株価の変化をみるのも趣味にできるくらいの楽しさがあると思います。

私の好きな仕手株投資もこの分散効果を利用できればもっとすごいことができるかもしれません。そのためにはいろいろ勉強して数式を使えるようにならないとダメですが。。。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

励みになりますのでポチッと押してくれると幸いです

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ